スポンサーリンク

マツダ中国、2020年6月の販売台数を発表、MAZDA6の台数記載がなくなる

マツダ関連

2020年7月3日、中国マツダが6月の新車販売台数を発表しました。

情報元:新闻中心 | 马自达2020年6月中国市场销量2.1万台-马自达中国

情報元は、中国マツダのニュースリリースです。
こちらに2020年6月のマツダブランドの販売実績が公開されています。

2020年6月の販売台数は、21,002台
▼一汽マツダ
8,922台
▼長安マツダ
12,080台

2020年1月~6月の販売台数は、97,330台
▼一汽マツダ
40,379台
▼長安マツダ
56,951台

[主要モデルの2020年販売台数内訳(単位:台)]

モデル名 1月 2月 3月 4月 5月 6月 2020年
1月~6月
MAZDA6 3,699 660 2,582 3,095 4,021 14,057
CX-4 3,840 593 2,732 3,976 6,259 6,149 23,549
MAZDA3 10,698 959 5,669 6,844 8,545 6,933 39,648
CX-5 2,648 212 1,927 3,113 3,682 3,585 15,167

2020年6月の新車販売台数は、前年比の7.3%増の21,002台となりました。
5月とほぼ横ばいですが、気になるのは「MAZDA6」の新車販売台数が記載されなくなったことです。これにどういった意味合いがあるのかが気になりますねぇ。

少しばかり中国界隈を調べると、一汽マツダが製造するMAZDA6に関して「品質的問題(B/Cピラーの異常音?)が多く顧客から報告されているらしく、ここ3か月で不本意なランキング1位になってしまうほどだそうです。

これは予想ですが、もしかしら上記の「品質的問題」が影響して販売台数が落ちたのか、もしくは製造を一時止めているのかもしれませんねぇ。おそらくは前者だと思いますが。

いかんせんよくわかりませんが、マツダとしては中国で人気のセダンモデルのフラグシップである「MAZDA6」は重要な戦力ですので、今後巻き返してほしいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました