スポンサーリンク

2021 CX-9 に搭載される「第6世代用新世代マツダコネクト」のステアリングスイッチと音声操作について

マツダ関連

マツダの新世代商品に搭載されている「新世代マツダコネクト」

ついに2021年モデルの「CX-9」に搭載されるようです。今回はそのステアリングスイッチと音声操作についてです。

前回:2021 CX-9に搭載される「新世代マツダコネクト」についておさらいする。

前回、2021年モデルに搭載される第6世代用新世代マツダコネクトについておさらいをしました。コマンダーコントロールなどについては触れましたが、そういえばステアリングスイッチと音声操作については触れていなかったので、今回触れてみます。

まずは「ステアリングスイッチ」です。

画像引用元:MAZDA USA

第6世代と同じデザインとなっており、機能面でも全く同じです。こういったところが「マツダコネクト」の強みなのかもしれませんねぇ。

次に「音声操作」です。

画像引用元:MAZDA USA

こちらは新世代型搭載される「Type-B」の音声操作について記載されています。

MAZDA3やCX-30に搭載されているのと全く同じ画面が表示されるようであり、操作も同じように出来るようです。

こうしてみると、第6世代用新世代マツダコネクトでもほとんど第7世代用と同じ仕様となっているようなので安心できそうです。現時点では確定しているのは2021年モデルの「CX-9」だけのようですが、他の車種にも搭載されると良いですねぇ。

ただ少し気になっているのは、2021年モデルのCX-9には「初代マツダコネクト」と「新世代マツダコネクト」が共存することです。これによって同一車種に違うシステムが搭載されるということで色々と面倒なことになりそうですが、マツダとしては盤石なサポート体制を築いていけるのかが注目していたいです。まだまだ「初代」が存続するということは、サポートも大変そうですし。

タイトルとURLをコピーしました