スポンサーリンク

MX-30のデザインを「MAZDA2」に当てはめてみる。

マツダ関連

以前、MAZDA3とロードスターでやったこの企画ですが、おまけとして「MAZDA2」にも当てはめてみたいと思います。

前回:MX-30のデザインを「MAZDA3 & ロードスター」に当てはめてみる。

前回は「MAZDA3 SEDAN」とMX-30のデザインの融合が意外と合っているなと思ってしまいました。MX-30のデザインって本当に不思議ですねぇ。

今回はせっかくなので、MAZDA2にもやってみたいと思います。
コンパクトカーではどんな雰囲気になるのか。
かなり雑ですが、合成してみました。

元画像引用元:MAZDA

MAZDA3やロードスターとは全体的にデザイン(ヘッドライトの形状など)が異なるので、ちょっとグリルなどを縦長にしました。その影響で少し全長が短くなった印象を与えてしまっています。

どうなんでしょうか。
ありっちゃありかもしれません。
マツダ車の象徴である「シグネチャーウイング」と「特徴的なグリル」がないだけでだいぶ印象が変わるものなんですねぇ。

MX-30は「魂動デザインの限界に挑む」デザインです。
今回のように、ただ張り付けるだけな安易なことをマツダはするはずがないので、今後どのようにマツダ車全体のデザインに影響を与えていくのかが楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました