スポンサーリンク

【新世代マツダコネクト】北米版「10042~11002」までの修正ログ一覧

マツダ関連

マツダの新世代商品に搭載されている「新世代マツダコネクト」

今回は、北米版のバージョン「10042~11002」までの修正ログについてです。

前回:【新世代マツダコネクト】北米版「10012~10017」までの修正ログ一覧

前回、北米版の新世代マツダコネクトのバージョン「10012~10017」までの修正された内容についてを学びました。

そして、ついに北米版の新バージョン「11002」までの修正された内容についても判明したので、翻訳したものを書き記しておきます。

情報元:CONNECT UPDATE FIRMWARE 7th Generation | Page 10 | 2004 to 2016 Mazda 3 Forum and Mazdaspeed 3 Forums

以下の文章は、www.DeepL.comで翻訳しました。

MAZDA3オーナーに対して

一部の車種では、下記のような症状が発生する場合がありますが、最新のソフトウェアアップデート(バージョン7000C0A-NA01_11002以降)で解消される可能性があります。   MAZDACONNECTSoftwareVersion11002注:「Mazda3ユーザーの方は、お使いのテレビ画面にMazdaConnectedServicesを示すアイコンが表示されていることがあります。この新機能はグローバル技術であり、マツダコネクトの最新バージョンで設計されています。
現時点では、このサービスは米国内のマツダ車には適用されません。

7000C0A-NA01_11002以降

  • 画面上部の次の通り名の遷移が正しくない。
  • 次のTurn by Turnのアイコンが正しく表示されます。
  • ナビガイダンスはルート変更時のみ発話します(音声は順番に変わりません)。
  • コマンダースイッチを回転させるとナビゲーション画面にルート警告ポップアップが表示されます。
  • ガイダンスポイントを通過するとルート情報が消えて画面が黒くなる。
  • ナビゲーションサイドパネルの高速道路の出口情報が間違っている。
  • ナビガイダンスがない
  • 音声認識コマンド後にマツダコネクトが再起動する
  • 複数回の再起動
  • Pandora画面(ソース)を表示した後に端末のPandoraを起動すると、他のソースに切り替えないとPandoraが起動しない。
  • Android端末を接続するとGoogleマップのルートが消えてしまう
  • お気に入りのチャンネルの順番が正しくない
  • カープレイ使用時にナビの現在地が動かない
  • マツダのロゴがフリーズ
  • 診断画面遷移中のCMU再起動
  • バックアップ復旧の失敗
  • 「自動接続できませんでした」がBT接続の場合、キーをオフにしてからキーをオンにした後、1分未満表示されます。

7000C0A-NA01_10048以降

  • イグニッションスイッチをOFFにすると、画面が表示されてから数秒後に画面が黒くなります。
  • AndroidAutoアプリを起動すると、既に使用中のGoogleMapナビゲーションが停止します。
  • AndroidAutoアプリを起動すると、GoogleMapナビゲーションが使用中の状態で停止します。
  • 他の目的地が追加され、[AllowCarShuttleTrains]のチェックが入っていない場合に、繰り返し警告ポップアップメッセージが表示されます。
  • マイカーシャトルを使用している場合に、”Allow CarShuttleTrains “のチェックを外した状態で設定すると、「目的地にはフェリーを使用しないと到着できません」という誤ったポップアップメッセージが表示されてしまいます。
  • 取扱説明書を使用中に戻るボタンを押すと、前の画面から情報画面に切り替わります。-通信設定画面とホーム画面が重なることがあります。

7000C0A-NA01_10042以降

  • システムがフリーズした場合、数分後に起動することがあります。
  • Bluetoothオーディオをオンにしても、禁止メッセージが表示されない場合があります。
  • GPS受信ができない場合は、警告メッセージが表示されます。-イグニッションをONにした後、通信が逆方向にシフトした場合は、ティアビューは表示されません。
  • ナビゲーションを再起動しても現在地が移動しません。
  • サイドパネルに中表示のナビゲーション中に経路検索を行うと、サイドパネルが黒くなります。-有料道路を使用する目的地が追加され、「AllowTollRoads」のチェックが外れている場合に警告ポップアップメッセージが表示されます。
  • また、”AllowCarpool/HOVLanes “のチェックを外し、”AllowCarpool/HOVLanes “にチェックが入っている目的地が追加された場合にもポップアップメッセージが表示されます。
  • エネルギー・フロー・モニターでは、アイドリング中に図が点滅します。
  • 誘導メッセージは、ルート設定後にイグニッションが正しくオフになっても鳴らない場合があります。
  • ルート設定メニューでルート検索中に「通常のルート設定メニュー」が表示される。
  • ドライブ中に「その他の最近の目的地」で履歴リストをソートしても、アルファベット順の検索はできません。
  • ターンバイターンやルートモニターに道路名が表示されない場合があります。
  • 道路名が完全に表示されない場合があります。
  • 複雑なターンバイターンアイコンが表示される場合があります。
  • 複数の住所(例:ゴルフ場のような大型施設)がある場合には、目的地が複数登録されている場合があります。
  • キーボードとフッターが重なって表示される場合があります。
  • バックキーを押して国別情報画面の旅行情報に移動する際に、ステータスバーが表示される場合があります。
  • お気に入りの国への追加登録は、マツダコネクト起動後にお気に入りの国へ登録しても、追加登録ができない場合があります。
  • 希望する観光地の現在地以外の国(または州)を登録すると、町選択画面の国欄にその国が表示されることがあります。-ナビゲーションメニュー検索を選択してから、フリーワード検索(OneBox検索)画面が表示されるまでに時間がかかります。
  • 表示モード画面で3Dから2Dに切り替わると画面がちらつきます。
  • メディアパネルが正しく表示されない場合があります。
  • SiriusXMTrafficPlusを使用している場合、地図上でグループ化された交通アイコンを選択すると、任意の場所の交通情報が表示されることがあります。

終わりに

気になっていた「11002」の内容が判明しました。
北米のMAZDA3でもコネクティッドサービスの開始が差し迫ってきましたねぇ。

それと、こうしてみると修正された内容は結構あります。
特に海外では問題になっていたPandoraの問題やApple CarPlay /  AndroidAutoなどが修正されていたので、この問題に悩んでいた人にとっては朗報なのかもしれません。

こうして修正された内容がわかると非常に安心しますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました