スポンサーリンク

マツダ台湾が「2021年式 CX-30」を発表、CTSを全車標準装備に

マツダ関連

マツダの新世代商品第2弾「CX-30」

台湾では2021年モデルが発表されました。

情報元:跨界生活恣意轉換 2021 年式 MAZDA CX-30 全新上市

情報元は、マツダ台湾のニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 「2021 CX-30」は価格そのままに、CTS(クルージング&トラフィック・サポート)を全車標準装備
  • 「旗艦型」以上ではステアリングシフトパドルを採用
  • グレードは「尊榮型」「頂級型」「旗艦型」「旗艦進化型」の4つを設定
  • 価格は899,000ニュー台湾ドル(約324万円)から
  • 本日から受注受付開始

台湾で2021年モデルが登場しました。
グレードは4つとなっており、引き続き「SKYACTIV-G 2.0」を搭載しています。

画像引用元:跨界生活恣意轉換 2021 年式 MAZDA CX-30 全新上市

外観や内装の変更はなく、標準装備の追加のみとなっているようです。メインの更新としては「CTS」が全車標準装備というのは非常に豪華ですが、逆に台湾ではADDが「旗艦型」以上じゃなければ搭載されていないんですねぇ。

台湾以外でも、北米などでも標準装備の追加などがメインとなっているので、2021年のCX-30に関しては大きな商品改良はなさそうな雰囲気ですね。欧州で登場した「スマートカーゴシステム」などが追加されていないのが少し残念です。

タイトルとURLをコピーしました