スポンサーリンク

マツダ中国、2020年7月の販売台数を発表、引き続き「MAZDA6」が消えたまま

マツダ関連

2020年8月5日、中国マツダが7月の新車販売台数を発表しました。

情報元:新闻中心 | 马自达2020年7月中国市场销量1.8万台-马自达中国

情報元は、中国マツダのニュースリリースです。
こちらに2020年7月のマツダブランドの販売実績が公開されています。

2020年7月の販売台数は、17,750台
▼一汽マツダ
6,804台
▼長安マツダ
10,946台

2020年1月~7月の販売台数は、115,080台
▼一汽マツダ
47,183台
▼長安マツダ
67,897台

[主要モデルの2020年販売台数内訳(単位:台)]

モデル名 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 2020年
1月~7月
MAZDA6 3,699 660 2,582 3,095 4,021 14,057
CX-4 3,840 593 2,732 3,976 6,259 6,149 4,813 28,362
MAZDA3 10,698 959 5,669 6,844 8,545 6,933 6,329 45,977
CX-5 2,648 212 1,927 3,113 3,682 3,585 2,835 18,002

2020年7月の新車販売台数は前年比の4%増の17,750台、1月から7月までの販売台数は前年比6.7%減少した115,080台という結果になりました。

そして、引き続き「MAZDA6」の新車販売台数が記載されなくなっています。これは例の「異音問題」がまだまだ解決しておらず、新規生産台数が極端に少ないのかもしれませんねぇ。

中国市場でのMAZDA6 & CX-4 の深刻な「異音問題」について

他にも「CX-30」の販売台数なども掲載されておらず、中国市場の実情が少しわかりにくいところはありますが、新世代モデルのMAZDA3は順調に台数が出てきているようですし、CX-4も2021年モデルが登場したことで、今後のは台数が伸びていきそうですねぇ。

中国では2020年に中国専用の電気自動車が登場します。
マツダの中国専用電気自動車「J59E」の生産数は年間5,000台らしい

生産台数はそこまでないようですが、このモデルがどう市場に影響を与えるのか非常に興味があるので、登場がとても楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました