スポンサーリンク

「2020 CX-5」の変更内容の詳細について

マツダ関連

マツダの主力SUV「CX-5」

北米ではまもなく2020年の年次改良モデルが登場します。
今回は、その2020年モデルの商品改良内容です。

情報元:2020 CX5… Interesting updates! Paddle shifters, 8in infotainment, 320lb-ft, improved NVH : CX5

情報元は、海外フォーラムの「reddit」です。
こちらのCX-5のスレッドにて、2020年モデルの商品改良内容が書かれた資料が公開されています。

画像引用元:2020 CX5… Interesting updates! Paddle shifters, 8in infotainment, 320lb-ft, improved NVH : CX5

グレード名からして、米国モデルの資料だと思われます。
さて、肝心の内容は以下の通り。

※略称はおそらくこちら
GTR…Grand Touring Reserve
SG…Signature

  • NVHの改善…ロードノイズの軽減
  • PY-Tエンジンサウンドの改善(GTR&SG)
    -Engine Harmonic Enhancer(EHE)
  • PT パフォーマンス改善(GTR&SG)
    – 10lb-ft トルク増加(93オクタンガソリン)
  • 排出規制 – ULEV125 to ULEV70(GTR&SG)
  • オフロードトラクションアシスト追加(GTR&SG)
  • 新しいフォント
    -リアオーナメント、AWDバッジ、シグネチャートリムバッジ
  • Sportグレードにオートヘッドライト追加
  • Sportグレードに自動検知ワイパーを追加
  • Sportグレードにハイビームコントロールを追加

内装に関しては以下の通り。

  • 新しいフォント
    -TFTメーターディスプレイ内、エンジンカバー、オーナーマニュアルカバー
  • 新しいキーデザイン  (新型MAZDA3と同様)
  • 8インチセンターディスプレイ(GTR&SG)
  • 全グレードのSCBSを改良(夜間視認性の向上)
  • Sportグレードにi-ACTIVESENSEを標準搭載
  • ソニックシルバーメタリック廃止

などなど…

様々な改善がなされているようです。
気になるのが「Engine Harmonic Enhancer(EHE)」ですね。
エンジン音の改善がされたようですが、どんな感じなんですかねぇ?

それと、注目すべきは「新フォント」の導入ですね。
私が山口旅行で見かけたCX-5は2020年モデルのようです。
新マツダフォントの「CX-5」を見かける。 : K-BLOG

いやはやいいモノを見させていただきました。
スピードメーター内のフォントも変わるのは面白いですねぇ。
新世代型になるのでしょうか?
実物が楽しみです。
それと気になるのが、センターディスプレイに関する記述がありません。
以前。海外の販売店がYoutubeで改良内容について述べていました。
「2020 CX-5とCX-9(北米仕様)」の商品改良について(センターディスプレイが大型化へ) : K-BLOG
ついにCX-5も8インチになりました。
マツコネがどんどんインチアップしていきますねぇ。

兎にも角にも、米国でも動き出した2020年モデル。
来年はマツダ100周年を迎えますし、色々と楽しみになってきます。

タイトルとURLをコピーしました