スポンサーリンク

北米向け「CX-30 ガソリンターボモデル版」取扱説明書が登場したので少し見てみる

マツダ関連

マツダの新世代商品第2弾「CX-30」

2021年モデルの取扱説明書に「SKYACTIV-G 2.5T」が記載されていました。

前回:「MAZDA3 TURBO(北米仕様)」版の取扱説明書が登場したので少し見てみる

前回、2021 MAZDA3の取扱説明書に「SKYACTIV-G 2.5T」が記載されていることを知りました。

そして今回、CX-30の2021年モデルの取扱説明書にも「SKYACTIV-G 2.5T」の文字が記載されていることを確認することが出来ました。

画像引用元:MAZDA USA

2021 CX-30かどうかは重量を参考にしてください。

MAZDA3に続いて、CX-30でもガソリンターボモデルが2021年型で登場するようですねぇ、少し安心しました。少し前までは「2021 CX-30」の取扱説明書には記載がなかっただけに、最近は取扱説明書も事前に更新していくシステムなんですねぇ。

北米では、2020年後半から様々なものが投入されます。

  • MAZDA3/CX-30に「SKYACTIV-G 2.5T」を搭載
  • MAZDA6,CX-5,CX-9に特別モデル「Carbon Edition」を追加
  • MX-5 MIATA(日本名:ロードスター)に「100周年特別記念車」が登場
  • 2021年モデルのCX-5/CX-9に「新世代マツダコネクト(マツダコネクト2)」を搭載

などなど……

流石100周年だけあって、非常に豪華ですねぇ。
カーボンエディションも気になりますが、個人的には「第6世代モデルに新世代マツダコネクト」が投入されることが一番気になっています。マツダコネクターとしては見逃せないですので、正式発表が非常に楽しみとなっています。

北米では「ターボモデル」が熱望されていたので、新世代モデルに投入して売上げが伸びると嬉しいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました