スポンサーリンク

2021 CX-9に搭載されている「コマンダーコントロール」の違いについての補足

マツダ関連

2021 CX-9に搭載される「第6世代搭載型マツダコネクト」

今回は前回の記事の補足です。

前回:2021 CX-9に搭載されている「コマンダーコントロール」の違いについてなど

前回、2021年モデルのCX-9に搭載されているコマンダーコントロールが初代マツダコネクトに搭載されているものとは少し異なっていることを知りました。

今回はその補足をします。
写真整理していたら、丁度いいコマンダーコントロールが写った写真があったので、これを利用してみたいと思います。

まずはこちらが「CX-9(左ハンドル仕様)」の初代マツダコネクト用コマンダーコントロールです。

そして、こちらが「MAZDA3(右ハンドル仕様)」の新世代マツダコネクト(マツコネ2)用コマンダーコントロールです。

「2021 CX-5/CX-9」に搭載されるコマンダーコントロールは、形状は初代マツダコネクト用と同じなんですが、印字されているアイコンは全て新世代マツダコネクト用のデザインに一新されます。

また、「2021 CX-5/CX-9」に搭載される新世代マツダコネクトでもタッチスクリーン機能は廃止されているので、日本モデルではコマンダーコントロールの「タッチ機能」がどうなるのかが気になる点となっています。

日本仕様は本当に特殊です。
予想できない仕様になる場合は大いにあるので、これは正式発表が楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました