スポンサーリンク

2021年モデルの「CX-5/CX-9(北米仕様)」をよくみてみる(内装・ワイヤレス充電編)

マツダ関連

遂に発表された「2021 CX-5/CX-9(北米仕様)」

今回は、内装をよくみてみます。

前回:2021年モデルの「CX-5/CX-9(北米仕様)」をよくみてみる(外装編)

前回は外装を見てみました。
大きな変更はなく、まだまだ現行モデルのデザインを続けていく意思を感じ取ることが出来ました。

さて、今回は内装です。

元画像引用元:MAZDA USA

2021年モデルのCX-9とCX-5で共通して変更された点は「センターディスプレイ」です。10.25インチのワイドディスプレイが採用されており、さらにシステムも「新世代マツダコネクト(マツダコネクト2)」が搭載されているのが特徴です。

そして、CX-9ではダッシュボードの装飾模様が変更されていたり、シートのデザインも変更されています。

画像引用元:MAZDA USA

シート全体というよりも一部分の模様が変わっているみたいですねぇ。

そして、コマンダーコントロールのアイコンデザインも変更されています。

画像引用元:MAZDA USA

コマンダーコントロール自体のデザイン変更はされていませんが、印字されているアイコンが「新世代マツダコネクト」と同じデザインへと変更されています。
2021 CX-9に搭載されている「コマンダーコントロール」の違いについてなど

旧型のコマンダーコントロールを再利用することで、シフトレバー周辺のデザイン変更をせずに済むので、新世代マツダコネクトを搭載することが出来たと思われます。こういった部分を考えるとマツダコネクトって便利ですよね。

そして最後に「ワイヤレス充電」です。

画像引用元:MAZDA USA

小物入れ部分にワイヤレス充電が搭載されています。
センターコンソール内ではなく、この小物入れに搭載してくれたのは非常に嬉しい所でありますねぇ。これが純正で搭載されてくるあたり、CX-9はどんどんラグジュアリーになっていきます。

ただ、CX-5には搭載されていないのは残念。

以上です。
ざっと見ただけですが、意外と改良された点があります。
これらどこまでが日本国内モデルに搭載されるのかが注目ですが、どうなるのでしょうか。気になるところです。

タイトルとURLをコピーしました