スポンサーリンク

アメリカの特別仕様車「Carbon Edition」のCX-5ではフロントグリルデザインが変更される

マツダ関連

北米の特別仕様車「Carbon Edition」

CX-5でもフロントグリルのデザインが変更されています。

前回:2021年モデルの「CX-5/CX-9(北米仕様)」をよくみてみる(センターディスプレイ編)

前回、マツダUSAが「2021 CX-5」を発表され、色々とよく見てみました。

今回は「Carbon Edition」についても触れています。

編集前画像引用元: MAZDA USA

CX-9とCX-5の外装が確認できます。
ポリメタルグレーで統一されており、両者ともにフロントグリルデザインが変更されています。

特にCX-5に関しては「シグネチャーウイング」もブラック化されていますね。

編集前元画像引用元:MAZDA USA

フロントグリルのデザインも変わっています。
どことなくMAZDA6に似ているような気がします。

CX-9に関しては内装も確認できます。

編集前元画像引用元:MAZDA USA

赤シートがかなりお洒落ですね。
CX-9に関しては以前から赤色系が使われていましたが、今回はダッシュボードなどがブラック化され、シートのみが「バーガンディ」に変更されています。

この特別仕様車は北米だけというのは惜しいですねぇ。
日本でも何らかの特別仕様車として登場するのか期待したいです。

タイトルとURLをコピーしました