スポンサーリンク

2021 CX-9のオーディオセッティング画面にある「リスニングポジション」について

マツダ関連

マツダのフラグシップSUV「CX-9」

2021年モデルには「新世代マツダコネクト(マツダコネクト2)」が搭載されました。今回は、その搭載されているマツコネのオーディオセッティング画面にある「リスニングポジション」についてです。

情報元:New 2021 Mazda CX-9 Grand Touring in San Juan Capistrano CA

情報元は、海外のマツダ車販売店「San Juan Capistrano CA」です。

こちらでは「2021 CX-9 Grand Touring」の写真が掲載されており、その中の一枚にマツダコネクトの設定画面「Audio Setting」が映っていました。

画像引用元:New 2021 Mazda CX-9 Grand Touring in San Juan Capistrano CA

画像が小さい関係で遠目からしか確認できませんが、これはMAZDA3やCX-30に搭載されている新世代マツダコネクトと同じ設定画面ですね。

2021 CX-9の画面に表示されているのは、上から「Bass」「Treble」「Lisitening Position」「Fader」「Balance」となっていますが、「Lisitening Position」に関しては文字が灰色になっており、設定が出来なさそうな雰囲気になっています。

これはCX-9では設定できないのか、それともこの車両の装備内容によって設定ができないのか、どちらなのかが気になります。新世代マツダコネクトになって目玉機能のひとつである「Lisitening Position」は是非とも採用されて欲しい機能なので、出来ることなら使用できるといいですねぇ。

まだまだ謎多き「第6世代搭載型新世代マツダコネクト」

地道に情報を探していますが、ワクワクしますね。

タイトルとURLをコピーしました