スポンサーリンク

MX-30で初採用された「右直事故回避アシスト」&「ロードキープアシスト」&「側方危険回避アシスト」

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

日本国内向け仕様でもi-ACTIVSENSEに新機能が追加されました。

情報元は「マツダ」です。
MX-30の紹介ページや諸元表などには、新しく追加された先進安全機能の説明が掲載されていました。

■SBS(右直事故回避アシスト)

画像:MAZDA

SBSの新機能です。
従来のSBSは「車両検知」「歩行者検知」「夜間歩行者検知」「自転車検知(新世代のみ)」機能を備えていましたが、MX-30では「右直事故回避アシスト」が追加されました。

交差点での低速で右折時、フォワードセンシングカメラとミリ波レーダーで対向車線を直進してくる車両を検知し、衝突の可能性があると判断した場合に自動でブレーキを作動させて衝突の回避または被害軽減を図る機能です(検知対象は車両のみ)

■緊急時車線維持支援(ロードキープアシスト)

画像:MAZDA

約60km/h以上で走行中、フォワードセンシングカメラで芝生や縁石を検知し、自車が路外へ逸脱する可能性があると判断すると、ステアリング操作をアシストして逸脱回避をサポートする機能。

■側方危険回避アシスト

画像:MAZDA

約60km/h以上で走行中、自車の後方、後側方を24GHz準ミリ波レーダーセンサで検知、後側方から接近する車両との衝突の危険がある状態で車線変更の操舵を行うと、衝突の回避または被害軽減を図るためのステアリング操作をアシストする機能

まとめ

以上です。
欧州のモデルでも既に採用されていましたが、日本向けでもしっかりとすべての機能が搭載されました。これら新機能はどれも未来を感じさせてくれる機能ばかりですが、これらがいつ他の新世代モデルに採用されるのか気になりますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました