スポンサーリンク

MX-30(マイルドハイブリッド)とCX-30(SKYACTIV-G 2.0)の燃費を比較してみる

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

日本国内向けの「マイルドハイブリッドモデル」が本日発売され、詳細が公表されたので、CX-30と燃費を比較してみたいと思います。

情報元:マツダ オフィシャルウェブサイト

情報元は、マツダの公式ページです。
MX-30(マイルドハイブリッドモデル)の諸元表が公開されており、スペックなど様々な詳細が判明しました。

そこで気になるのは、ほぼ同じ体形の「CX-30」とで燃費はどう違ってくるのかです。というわけで、MX-30とCX-30で比較してみます。

今回比較するのは「ATモデル」のみです。

MX-30 CX-30
搭載エンジン e-SKYACTIV G 2.0 SKYACTIV-G 2.0
最高出力 kW(PS)/rpm 115(156)/ 6,000 115(156) / 6,000
最大トルク N・m(kgf・m)/rpm 119(20.3) / 4,000 119(20.3) / 4,000
車両重量 kg (2WD/AWD) 1,460/1,520 1,400/1,480
タンク容量 L (2WD/AWD) 51/48 51/48

エンジン自体のスペックは同じで、車両重量が微妙にMX-30の方が重くなっています。

そして、MX-30の最大の特徴は「M Hybrid」が搭載されていることです。
この「M Hybrid」のスペックは以下の通り。

モーター形式 MJ型
種類 交流同期電動機
最高出力 kW(PS)/rpm 5.1(6.9)/1,800
最大トルク N・m(kgf・m/rpm) 49(5.0/100)
動力用種電池種類 24Vリチウムイオン電池
個数 9
容量 Ah 10

日本ではSKYACTIV-Xに初搭載されたシステムですが、今回は国内で初めて「SKYACTIV-G」に搭載されたことになります(欧州では既に投入済)

さて、それを踏まえての燃費比較(WLTCモード)です。

単位:km/L MX-30
(2WD)
CX-30
(2WD)
MX-30
(AWD)
CX-30
(AWD)
総合 15.6 15.4 15.1 14.8
市街地 12.3 12.0 11.9 11.7
郊外 16.1 15.7 15.6 14.8
高速道路 17.2 17.4 16.7 16.7

ほとんど差はありません。
マイルドハイブリッドが搭載されたからといって、劇的に燃費性能が上がるということはなく、全体的にほんの少し燃費が改善されるという結果になっています。

面白いのが、高速道路ではCX-30の方が勝っています。
こうなってくると、正直、燃費に関しては実生活ではあまり差を感じることが出来ないのかもしれませんねぇ。

ただ、この「M Hybrid」の本領は乗り味にあります。
出発時のスムーズな加速やi stopの始動が素早くなったりと、走行体験においては多大な影響を与えてくれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました