スポンサーリンク

Windows10 October 2020 Update(20H2)に更新してみました

デジタル

秋の大型アップデートが配信開始されました。

私のPCに最新バージョン「20H2」が舞い降りてきたので、更新してみます。

 

2020年10月21日、Windows updateを最新に更新してみるとに新たな更新が追加されていました。

情報元:「Windows 10 October 2020 Update」が一般公開 ~年2回の大規模アップデート – 窓の杜

Window恒例の年2回の大型更新ですね。

やっときたという印象です。
というのも、私のPCには以前の「2004(20H1)」が配信されず、その前のバージョン(19XX)をひたすらに使い続けていました。20H1は致命的なバグなどが多く、更新は控えた方がいいという話を聞いていたのでちょうどよかったのですが、新しいもの好きの私にとって今回の配信はせっかく来たのでやってみることにしました。

こうして早くに配信されてくるのは珍しい。
大体私のは出回ったころにくるんですけども。

大きな変更点などに下記の情報元を確認してください。
ASCII.jp:まもなく登場のWindows 10のアップデート「20H2」でこう変わる (1/2)

スタートメニューUIの変更やGoogle chromeベースの「Edge」が標準化などが目玉のようです。正直な所、あまり大きな変更点がなく革命的!ということはありませんでした。

個人的には「20H1」での変更された点の方が大きく変わったなぁという印象です。

  • カーソル設定機能追加
  • 絵文字キーボード
  • 仮想デスクトップの名称変更が可能に
  • Microsoft IMEが更新
  • GPU温度がタスクマネージャで確認可能

などなど……

タスクマネージャでGPU温度が確認できるようになったのは、地味に嬉しいですねぇ。

これで専用のアプリやソフトウェアなどをインストールしなくても確認できるようになりました。ここまで来たのならCPU温度なども確認できるようになると嬉しいです。

現時点では「20H2」に更新しても問題なく動作しています。
更新したPCはあらゆることに使用するのでどうなるのかドキドキしましたが、大きなバグなどは発生していないのでこれから色々と検証してみたいと思います。

今日はWindows10の他にも、iOS14.1なども配信されたりと正に「秋の更新祭り」となっていますので、楽しくなって参りました。

タイトルとURLをコピーしました