スポンサーリンク

MX-30の「荷室寸法・容量」及び「地上からリアゲートの開口部(下側)までの高さ」について

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

今回は「荷室寸法・容量」及び「地上からリアゲートの開口部(下側)までの高さ」についてです。

情報元:【MAZDA】よくあるお問合せFAQ

情報元はマツダ公式FAQページです。
こちらには新たにMX-30の質問に対する回答が追加されています。

個人的に気になったのは2つありました。
まずひとつめは「荷室寸法・容量・ゴルフバッグは何個積めるのか」です。

荷室寸法・容量と荷室にゴルフバッグは何個積めますか?

荷室内寸法 荷室長(通常時) 800mm ※1
荷室長(リアシート可倒時) 1410mm ※2
1700mm ※3
荷室幅(タイヤハウス間) 1150mm
容量 ラゲッジルーム容量 400L
9インチゴルフバッグ積載 0個

※1 シート下端まで
※2 リアシートバック上端部まで
※3 助手席をシート最前端部まで寄せた位置で助手席シートバックまで

次に「地上からリアゲートの開口部(下側)までの高さ」です。

地面からリアゲート(トランク)の開口部(下側)までの高さは?

MX-30(DR) 約705mm

参考:
CX-30(DM 約740mm)

MX-30に関する色々な情報が出てきました。
基本的にはCX-30とほとんど変わりありませんが、大きな違いとしてはドア構造などがそもそも異なっているので、数値上では測れない使い勝手などがありそうです。

ちなみにCX-30ではリアシートの6:4分割シートの6側を倒すことによって、9インチゴルフバッグを3個積載可能になると書かれていますが、MX-30では記載されていません。

こういった違いもあるんですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました