スポンサーリンク

Windows10 October 2020 Update(20H2)の「Microsoft IME」における詳細設定が消えた問題

デジタル

先日、私のPCに秋の大型アップデート「October 2020 Update(20H2)」を実施しました。

そこで起こった不便な問題に関するお話です。

前回:Windows10 October 2020 Update(20H2)に更新してみました

前回、無謀にもメインPCを最新版に更新して、更新直後は不具合もなく、問題なく使用していました。ただ、色々と使用してみてちょっと不便だなと思ったことがあります。

それは「Microsoft IME」です。
今回のアップデートで、この「Microsoft IME」も刷新されて新しいものとなりました。プロパティ画面もWindows10の設定画面に統合されたんですが、これがまた厄介。

私は今まで「数字を常に半角に変換」機能を利用していました。

ところが、今回のアップデートでIMEの「詳細設定」がどこかへ行ってしまい、この機能を設定する場所がありません。なので、文字入力を行うと「全角数字」に変換してしまう可能性が出てきてしまいました。

これ、地味に苦痛です。
文字入力という作業は「いかに効率化」するかが命になってくるので、これのせいで一回一回変換作業をしていると文字を入力するのが面倒くさくなってしまいます。

他にも「20H2」では不具合が報告されているそうです。
Windows 10 October 2020 Updateでも日本語IME周りの不具合が継続? Microsoftが回避策を提示 – PC Watch

というわけで、私も応急処置として設定画面にある「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」にチェックを入れて前のバージョンに戻しました。これのおかげで詳細設定画面が復活したので一安心。

やっぱりWindowsのアップデートはギャンブルですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました