スポンサーリンク

ベルギーで「2021 CX-5」が公開、10.25インチセンターディスプレイを標準搭載

マツダ関連

マツダの主力SUV「CX-5」

ベルギーで2021年モデルが公開されています。

情報元:Mazda CX-5 2021

情報元はマツダベルギーの公式ページです。
こちらには「2021年モデル」のCX-5紹介ページが掲載されていました。

主な特徴は以下の通りだそうです。

画像引用元:Mazda CX-5 2021

「オフロードトラクションアシスト」「10.25インチセンターディスプレイ」「マツダコネクト2」が特徴となっています。

北米で先行投入されたマツダコネクト2が欧州にも登場しましたが、決算発表通りに「CX-5」に採用されました。売れ筋モデルを優先改良するのは当然な流れですもんね。

ボディカラーは以下の通り

画像引用元:Mazda CX-5 2021

エターナルブルーなどがまだ存在しています。
車種によっては廃止になっているカラーなので、欧州ではまだまだ現役のようで少し安心しました。また、以前から情報があった特別モデル「HOMURA」も掲載されています。

「HOMURA」については以下の記事参照
欧州で限定モデル「CX-5 HOMURA」が登場予定、新世代マツダコネクトも搭載?

それとコンフィグレーターも更新されており、2021年モデルの内装なども360°確認することが出来ました。

画像引用元:Mazda CX-5 2021

画像上:SKYCRUISE
画像下:SKYCRUISE TAKUMI

今までCX-5の内装をマジマジと見たことはなかったんですが、意外とドアスイッチ部分だったり違いがあったんですねぇ。それにしても10.25インチセンターディスプレイは迫力があります。

エンジンラインナップは「SKYACTIV-G」と「SKYACTIV-D」の2種類が用意されており、欧州では貴重なディーゼルエンジン搭載モデルとなっています。

以上です。
ついに欧州でも第6世代搭載型新世代マツダコネクトが登場しました。今後は他の地域(次は日本?)にも採用されていくはずなので楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました