スポンサーリンク

マツダの2021年に「新世代商品」は追加されるのか

マツダ関連

マツダの新世代商品「第7世代」

2021年に発表されるのかどうかについてです。

前回:マツダトヨタの米アラバマ工場が2021年9月に稼働予定、まずはトヨタ車から生産

前回、マツダトヨタの新アラバマ工場の本格稼働が2021年9月ということが判明しました。ついにアメリカ市場での本格的な活動が行われる予定ですが、ここでマツダの新世代商品移行についてをおさらいしつつ、2021年に新世代商品が追加されるのかどうかを考えます。

マツダは、1年に1~2モデルは新商品を追加していく模様 : K-BLOG

以前、丸本社長は「1年に1~2モデルは新世代商品を追加していく」という考えがあることを述べていました。そして、ここ数年はその言葉通りに実施されています。

2019年 MAZDA3、CX-30
2020年 MX-30
2021年 北米専用SUV
2022年 ラージアーキテクチャ(CX-5相当)、ロータリーレンジエクステンダーEV

■現行車種で「第7世代」に移行していない車種
MAZDA2(ス)、MAZDA6(ラ)
CX-3(ス)、CX-4(ラ)、CX-5(ラ)、CX-8(ラ)、CX-9(ラ)

現時点で正式発表されている2021年新商品は「北米専用SUV」だけとなっています。ただ、前回の記事に書かれている「2022年にずれ込むかもしれない」となると、0個になる可能性もありそうですねぇ。

ただ、現時点でまだ一切の情報がない「MAZDA2」&「CX-3」には可能性を感じています。特に「MAZDA2」は、ここ最近の商品改良のタイミングが少し意図的なものを感じるような気がしないでもないです。

2021年に「MAZDA2」が第7世代に移行するのか否か

「CX-3」に関しては、最近噂されている「CX-3という名前の終わり」が本当なのかもしれないと思うようになってきました。マツダのCXは「クロスオーバー」なので、新世代に移行したMAZDA2が発表されてからだと思われまれますが、CX-30と名前が被ってますし、あの件もありますし、名前が変更される可能性は大いにありそうです。

以上です。
コロナ禍で色々予定されていたものが大きく変わっているので、今後どうなっていくのか全く分からなくなってきました。マツダは今年何を発表するのか楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました