スポンサーリンク

マツダオランダが「2021 MAZDA3」を正式発表、ディーゼルエンジンは利用不可に

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第1弾「MAZDA3」

オランダで2021年モデルが登場しました。

情報元:MAZDA3 MODELJAAR 2021

情報元は、マツダオランダのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • e-SkyactivXの出力が「186hp」に増加し、トルクは224から240Nmに増加
  • この改良による追加コストはなし
  • 特別モデル「Sportive」を追加、e-SKYACTIV G 150hpでのみ利用可能でハッチバックでは「スポーツパッケージ」を選択可能
  • 2021年モデルではディーゼルエンジンは利用不可に
  • 2月中旬にオランダに到着

オランダでも2021年モデルのMAZDA3が登場しました。他国同様にSKYACTIV-Xの出力が向上して186馬力(240Nm)に変更されています。また、特別仕様車「Sportive」という充実した装備内容にスポーティさを加えたモデルが登場しています。

画像引用元:Drive Together | Mazda Motor Nederland

最近、マツダは「ディープクリスタルブルー」を推していますね。何かあるんでしょうか?

また、オランダでのMAZDA3もディーゼルエンジンは利用不可になりました。SKYACTIV-D 1.8は色々な地域でなくなってきましたが、これがもうすぐ登場する「新世代ディーゼルエンジン」に関係があるのか気になりますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました