スポンサーリンク

世界的な半導体供給不足でマツダの2-3月生産に「グローバルで影響が出る見込み」

マツダ全般
スポンサーリンク

世界的に起こっている「半導体供給不足」

マツダにも影響が出てきていますが、どうやら国内のみならずグローバルで影響が出る見込みだそうです。

情報元:マツダ、半導体不足で2―3月に世界で約3.4万台減産を検討=関係筋 | Reuters

情報元は「REUTERS」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 半導体供給不足の影響で2-3月の国内外で生産調整を行う
  • 減産の対象となる車種は「CX-5」「MAZDA3」「CX-30」など
  • CX-5は2月に「約3900台」、3月には約「6,000台」の減産を検討
  • 国内だけでなく、メキシコや中国でも減産する方針

世界的な半導体不足の影響はかなり深刻のようです。
国内にある2工場の他にも、メキシコや中国などの工場でも減産をする方針ということで、グローバルでの減産が検討されているみたいですねぇ。

新型コロナウイルス感染症の拡大の影響から少しづつ回復してきた矢先に、今度は半導体不足の影響となかな化に厳しい状況ですが、マツダは何も悪くないので今は我慢の時ですね。

明日にはマツダの決算発表があります。
マツダ、2021年3月期第3四半期決算発表を「2月4日」に開催

こちらでも詳しい話が聞けると思いますので、明日の決算発表は注目です。

タイトルとURLをコピーしました