スポンサーリンク

マツダオーストラリアが「ラージアーキテクチャ」について少しだけ語る【直6、FRだけじゃない?】

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの大本命「ラージアーキテクチャ」

2022年に投入されるにあたって、少しづつマツダからも語られています。

情報元:Muscled-up Mazda6 MPS mooted – motoring.com.au

情報元は「motoring.com.au」です。
こちらでは、マツダオーストラリアのマーケティングディレクターのVinesh Bhindi氏が以下のことを語っていました。

「マツダ株式会社は、彼らの大型プラットフォーム(次世代のCX-5以上)では、直列6、後輪駆動、電動化、それらのすべてが話題になっているが、それにはもっと多くのことがあり、時期が来ればそれについて話すことができるでしょう」

とても気になることを話しています。
既に登場している「直列6気筒エンジン」「FR」「電動化」などなどがすでに話題になっている中、マツダとしては「まだ隠し玉がある」と言っていますねぇ。

これは一体何なんでしょうか?
Vinesh Bhindi氏は時が来れば話せるとしていますが、非常に楽しみになってきました。氏曰く、オーストラリアではMAZDA6は引き続き「ブランドのポートフォリオの重要な部分」であると述べており、今後の存続を約束しています。

マツダが未発表で登場しそうな技術は何でしょうか。
これは全く予想できないので、今年の東京モーターショーなどではそれらを発表するのかもしれませんねぇ。

タイトルとURLをコピーしました