スポンサーリンク

マツダ新世代SUV「CX-30(米国仕様)」が正式発表されました

マツダ全般

マツダの新世代商品第2弾「CX-30」
つに主戦場である米国にて正式発表されました。

情報元:2020 Mazda CX-30 Subcompact Crossover – Compact SUV | Mazda USA

情報元は、マツダUSAです。
CX-30が米国初公開されました。


そして、公式ページが公開されています。

画像引用元:2020 Mazda CX-30 Subcompact Crossover – Compact SUV | Mazda USA

こうしてみると、ずいぶんSUVの種類が増えたように見えますねぇ。
ほんとうにSUVブームという感じがします。
さて、詳細を見ていきましょう。
まずはボディカラー。

画像引用元:2020 Mazda CX-30 Subcompact Crossover – Compact SUV | Mazda USA

全部で7種類用意されています。
メキシコではなかったポリメタルグレーがラインナップされているのが嬉しいですね。
グレードとボディカラーの組合せがこちら。

画像引用元:2020 Mazda CX-30 | Inside Mazda

ベースグレードにはソウルレッドやポリメタル、マシーングレーなどの設定はなく、逆にソニックシルバーは上位グレードにはありません。
なかなか面白い設定になっています。

続いて内装とシートの色です。
シートは黒、グレージュ、白。
内装色はネイビーブルーとリッチブラウンが用意されていました。

画像引用元:2020 Mazda CX-30 Subcompact Crossover – Compact SUV | Mazda USA

注目すべきは、ネイビーブルーと黒レザーが用意されている所です。
日本ではない仕様ですね。
直近では中国仕様でもありました。
これは近い将来、日本でも導入されるのかもしれませんねぇ。

続いて「グレード&スペック」です。

画像引用元:2020 Mazda CX-30 Subcompact Crossover – Compact SUV | Mazda USA

エンジンは「SKYACTIV-G 2.5」のみが搭載されています。
AWDには「オフロード・トラクション・アシスト」が装備されているそうです。

画像引用元:2020 Mazda CX-30 | Inside Mazda

グレードは「CX-30」「SELECT PACKAGE」「PREFERRED PACKAGE」「PREMIUM PACKAGE」の4種類。
装備で注目なのが「コネクティッドサービス」が米国でも開始されるところです。

画像引用元:2020 Mazda CX-30 Subcompact Crossover – Compact SUV | Mazda USA

日本と同様なサービスが開始されます。
以前から米国では似たようなサービスがありましたが、こちらのサービスに統一されるようです。
決算説明会では米国と日本のみと言っていました。

以上です。
LAオートショー2019のライブ放送を見たんですが、意外とあっさりしていました。
既に欧州や日本で発売されていますし、世界初公開自体は以前してるからかもしれません。
このCX-30が米国で人気が出るかで、マツダの将来が決まりそうな気がします。
なんとか人気が出てくれると嬉しいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました