スポンサーリンク

2020年冬商品改良「CX-5/CX-8」に搭載されているSKYACTIV-G 2.5Tの改良内容について

マツダ全般

マツダの主力SUV「CX-5/CX-8」

2020年冬商品改良で話題に挙がっていなかったガソリンターボエンジンについてです。

情報元:交野営業所ブログ | 大阪・関西でマツダ車のご用命は大阪マツダ販売株式会社へ

情報元は「大阪マツダ 交野営業所ブログ」です。
こちらには、2020年冬商品改良モデルにおける各エンジンの改良内容が表でまとめられていました。

そちらによると以下の通り。

  • ガソリンエンジンの改良内容は「SKYACTIV-DRIVEの制御変更」と「SPORTモードの改善」
  • SKYACTIV-G 2.5Tには改良が施されていない

2020年冬商品改良モデルの記事は色々とありましたが、そういえばSKYACTIV-G 2.5Tについては触れられていませんでした。SKYACTIV-Gとは改良内容が異なっていたんですねぇ。これは意外です。

SKYACTIV-G 2.5Tは北米で人気のエンジンですので、もしかしたらこちらに関しては北米チックな味付けになるのかもしれませんねぇ。

それと、SKYACTIV-X搭載の試乗車に「MAZDA SPIRIT UPGRADE」が施されたそうです。こうして試乗車をそのままアップグレードを提供できるのは販売店側としても助かりそうですねぇ。

 

マツダの商品改良は本当にすごいですね。
全然ついていけていないので、調べるのがやっとです。

タイトルとURLをコピーしました