スポンサーリンク

2022年に登場予定であるマツダのレンジエクステンダーEVのロータリーエンジンは「駆動も担う」?

マツダ全般

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

2022年に登場予定のレンジエクステンダーEVのロータリーエンジンは、発電用だけでなく駆動も担っているかもしれないそうです。

情報元:EVは有力な未来戦略。そして未来は不確定:日経ビジネス電子版

情報元は「日経ビジネス電子版」です。
こちらでは、自動車評論家の池田氏がEVに関する記事を執筆していますが、その中にマツダのEV戦略についてが書かれていました。

マツダの場合、MX-30のEVモデルを発売したが、このモーターに1ローターのロータリーエンジンを組み合わせてハイブリッド化することをすでに発表している。本来は日産のケースと同様に、駆動は全てモーター、エンジンは発電専用とするレンジエクステンダーで計画されていたが、毎度お馴染みの「欧州のルール変更」のおかげで、ロータリーに駆動も担わせないと基準が達成できなくなった。この辺りの事情は追って詳しくお伝えしたいと思っている。

引用元:EVは有力な未来戦略。そして未来は不確定:日経ビジネス電子版

池田氏によると「ロータリーエンジンにも駆動を担わせないといけなくなった」なんだそうです。私はこの手のことには詳しくないので詳細はわかりませんが、追って説明をしてくれるそうです。

これがもし本当なら、マツダファン待望の「ロータリーエンジン復活」がなされるわけですので、とても興味深いですねぇ。ただ本当に求めているのは「純粋にロータリーエンジンだけで走るクルマ」だとは思いますが……。

なんにせよ、マツダは「ロータリー」を諦めているわけではなさそうですので、これからに期待したいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました