スポンサーリンク

新世代ロードスターでも「軽量ボディ」にはこだわっていく

マツダ全般

マツダの人気スポーツカー「ロードスター」

新世代型について、現行開発主査の齊藤氏が語っています。

情報元:マツダ次期「ロードスター」はどうなる? HVかEVか!? 開発陣が語る「NE型」への期待と展望 | くるまのニュース

情報元は「くるまのニュース」です。
こちらでは、ロードスターの歴代主査に対して色々なインタビューをしており、その中に次期型ロードスターについて語られていました。

  • 次期ロードスター(NE)は「軽量なボディを中核として」多くの人に提供することが使命
  • そこは変えてはならない
  • 変えてしまうと存在意義がなくなってしまう

現行主査の齊藤氏が答えていました。
最近では各社電動化を推し進めており、ロードスターにおいても電動化しなければいけない時代になってきました。そんな中でも、次期型ロードスターは「軽量化ボディ」というものにこだわっていくと語っており、それができなければ存在意義ななくなるとも発言しています。

そうなってくると、電動化車両でありながらも「軽さ」を実現できれば、それはとても素晴らしい技術ですねぇ。他社にはない「ロードスター」の強みを最大限に生かせられます。マツダはこういったこだわりを捨て去らないのが良いですよね。

新世代なロードスターがいつ登場するのかはわかりませんが、これは期待できそうですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました