スポンサーリンク

国内における外装色「ポリメタルグレーメタリック」の今後について考える

マツダ全般
スポンサーリンク
- -- ---

MAZDA3から初採用された「ポリメタルグレーメタリック」

国内での今後について考えます。

情報元:Mazda Philippines Introduces 2023 CX-3 With More Competitive Pricing, Features (w/ Specs) | CarGuide.PH | Philippine Car News, Car Reviews, Car Prices

情報元は「CarGuide.PH」です。
こちらでは、フィリピンに導入された「2023 CX-3」に関する内容が掲載されているんですが、その中で個人的に気になったのは「ポリメタルグレーメタリック」が設定されていることです。

日本のCX-3に関しては、海外生産へ移管したと同時に「ポリメタルグレーメタリック」が廃止されてしまいました。
CX-3のセレクティブキーシェルに「ポリメタルグレー」がなくなっていました

てっきり私は海外生産だからポリメタルグレーがなくなったのかと思っていましたが、実際には違うようです。アジア地域では引き続きCX-3にも「ポリメタルグレー」は健在のようですねぇ。

そういえば、ロードスターでも廃止されるという話があります。
ロードスターも2022年に商品改良される?ポリメタルグレーメタリックの廃止?

CX-60でも設定はありません。
他にも、MX-30の3トーンの「ポリメタル」も欧州では廃止されました。何故だか色々なモデルの「ポリメタルグレーメタリック」が消えつつありますねぇ。

これはいったいなぜなのか。
もしかすると、国内では「ポリメタルグレーメタリック」の人気はあまり高くないのかもしれませんねぇ。ブラックトーンエディションでは宣伝画像にも使用されていましたけど、最近は違うのかもしれません。一応は最近のマツダの「材質をイメージしたカラー」には該当するんですけど。

もしかすると、今後徐々にポリメタルグレーメタリックは消えていくのかもしれません。最近のマツダの外装色の移り変わりは激しいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました