スポンサーリンク

マツダタイが「バンコク国際モーターショー 2021」で新型BT-50を含む全モデルを展示

マツダ全般

タイで「第42回バンコク国際モーターショー」が3月24日(現地時間)から開催されます。

マツダは展示内容についてを発表しました。

情報元①:News & Activities | บริษัท มาสด้า เซลส์ (ประเทศไทย) จำกัด

情報元②:News & Activities | บริษัท มาสด้า เซลส์ (ประเทศไทย) จำกัด

情報元は、マツダタイのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 第42回バンコク国際モーターショーが3月24日~4月4日(現地時間)に開催予定
  • 新型BT-50を含むすべてのモデルを展示予定
  • さらに、純正アクセサリなどを装着したモデルなども展示予定
  • MAZDA2 2021 COLLECTIONには「BLACK TONE EDITION」をコンセプトにアクセサリなどを装着

以前コロナ禍という状況ですが、タイでは国際モーターショーが開催されるそうです。ただ、タイでもコロナ対策を今までに行ってきたので対策はしっかりと行っての開催するとのことです。

そして、マツダ自体は全モデルを展示予定としています。
気にな「MAZDA2」のアクセサリですが、日本の特別仕様車「BLACK TONE EDITION」をコンセプトとした車両が展示されると書かれていました。情報元②で掲載されている写真は以下の通り。

画像引用元:News & Activities | บริษัท มาสด้า เซลส์ (ประเทศไทย) จำกัด

観た感じは既存のアクセサリですね。
ポリメタルグレーの車体がとてもスポーティです。タイではMAZDA2人気が凄いので、これがどれだけタイの方々に受け入れられるのか楽しみ。

さらに、新型BT-50が展示されているそうです。

画像引用元:News & Activities | บริษัท มาสด้า เซลส์ (ประเทศไทย) จำกัด

2枚目はかなりカスタマイズされた車両です。
タイではピックアップトラック需要が高いということで、こちらもどれだけの人気をえることができるのでしょうか。タイのモーターショーは販売会も兼ねているので、終了時の販売台数も気になるところですねぇ。

最近、マツダタイの力の入れ具合は凄いです。
アジア地域でのマツダ人気を引っ張っていってくれそうですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました