スポンサーリンク

「MX-30」「CX-30」「MAZDA3」のスピードメーターを見比べてみる

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品「MX-30」「CX-30」「MAZDA3」

今回は、スピードメーターを見比べてみます。

恒例の見比べてみるシリーズです。
現在登場しているマツダの第7世代商品群のスピードメーターには何か違いがあるのかときになってしまったので、見比べてみたいと思います。

■MX-30(EV)

画像引用元:Kombinerat Instrument – Mazda MX-30 -21 – W2541716

■CX-30

画像引用元:Kombinerat Instrument – Mazda CX-30 -20 – W2516494

■MAZDA3

画像引用元:Kombinerat Instrument – Mazda 3 -20 – W2512324

これらすべて中国製なんですねぇ。
MAZDA3とCX-30はほぼ同じ形なんですが、MX-30に関しては銀色の部分がないなど多くの違いが確認できます。中央部分の「丸」がないとかなり印象が異なりますねぇ。

ちなみに「CX-5」などとも大きく異なります。

画像引用元:Kombinerat Instrument – Mazda CX-5 -20 – W2540232

第6世代と第7世代ではメーターの配置はかなり異なっているんですねぇ。第7世代の方がかなりゆとりある配置となっており、第6世代では左右のメーターを詰めているなどの工夫がされていました。

メーターだけでもこんなにも違うんですね。
こうなってくると、コンパクトカーのMAZDA2やラージアーキテクチャなどのメーターがどうなっているのか大変気になります。MAZDA2はMAZDA3などと一緒なのか、ラージアーキテクチャではフルディスプレイ型が採用されるのか、正式発表が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました