スポンサーリンク

アップルが「iOS14.6」「iPadOS14.6」の提供を開始

デジタル
スポンサーリンク

アップルが「iOS14.6」「iPadOS14.6」の提供を開始しました。

今回は、AirTagやPodcastなどに関する追加機能、iPhoneで起こっていたバグ修正などが含まれています。

情報元は、iPhoneの「ソフトウェア・アップデート」です。
こちらには、現時点(2021年5月25日現在)で最新となる「iOS14.6」「iPadOS14.6」の提供が開始されていました。

詳細は以下の通り

Podcast
・チャンネルまたは個別の番組のサブスクリプションに対応

AirTagと“探す”
・AirTagおよび“探す”ネットワークアクセサリで電話番号の代わりにメールアドレスを追加する紛失モードのオプションを追加
v
・NFC対応デバイスでタップすると、AirTagが所有者の電話番号の一部を隠して表示

アクセシビリティ
・音声コントロールのユーザーは、再起動後の初回ロック解除時に音声のみを使用してiPhoneのロックを解除可能

問題の修正
・Apple Watchで“iPhoneをロック”を使用したあとに“Apple Watchでロック解除”が動作しない場合がある問題
・リマインダーが空白行として表示される場合がある問題
・“設定”で着信拒否の機能拡張が表示されないことがある問題
・Bluetoothデバイスで、通話中に切断されたり、別のデバイスにオーディオが送信されたりすることがあった問題
・iPhoneの起動時にパフォーマンスが低下する場合がある問題

AirTagに対してメールアドレスを追加する紛失モードのオプション追加がされました。また、音声コントロールユーザーに対してiPhoneのロック解除が音声のみで解除可能になったそうです。

また、バグ修正ではBluetooth接続の接続安定性が修正されているので、ワイヤレスイヤホンなどを使用している方にとっては嬉しいアップデートになっているかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました