スポンサーリンク

マツダの「バイオエンプラ新意匠2層成型技術」が「青木 固」技術賞を受賞

マツダ全般
スポンサーリンク

本日、マツダ株式会社が「青木 固」技術賞を受賞したことを発表しました。

情報元:MAZDA NEWSROOMマツダ、バイオエンプラ新意匠2層成形技術がプラスチック成形加工学会「青木 固」技術賞受賞|ニュースリリース

情報元は、マツダのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • マツダの「バイオエンプラ新意匠2層成型技術」が第31回(2020年度)「青木 固」技術賞を受賞
  • 受賞した技術というのは「透明感のあるバイオエンプラの表層と、光を反射・吸収して緻密さと透明感を発現する模様を転写した基材との2層成形により、従来技術では困難であった緻密な柄と深みのある色合いが共存する意匠性」
  • この技術は「MAZDA3」と「CX-30」に使用されている

マツダの技術が表彰されました。
デザインだけでなく、こうした技術もしっかりと評価されるのは嬉しいですねぇ。MAZDA3やCX-30のシフトパネルやカップホルダーリッドパネルに使用されている、見れば見るほど不思議なデザインも技術力によって実現していると胸が熱いです。

今後登場するラージ商品群などにも様々な新技術が搭載されるはずですので、非常に楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました