スポンサーリンク

【新世代マツダコネクト】欧州向け「11010~11020」の修正内容について

マツダ全般
スポンサーリンク

新世代マツダコネクト「マツダコネクト2」

今回は、欧州向けの「11010~11020」の修正内容についてです。

前回:【新世代マツダコネクト】欧州向け各バージョンの変更内容について

前回、欧州向けバージョン「10047」の修正内容についてを学びました。新世代マツダコネクトのチェンジログを確認できるのは海外のみなので、非常に為になりました。

そして今回は、さらなる新しいバージョン「11020」の修正内容についてTSBが公開されていました。内容は以下の通り。

■件名
R035/21: MX-30 (DR) – MAZDA CONNECT用ソフトウェアアップデートリリース

■説明
新しいソフトウェア・アップデート(バージョン7000C0A-EU02_11020)がリリースされました。コネクテッドサービスが提供されている車両では、コネクテッドサービスに加入していないユーザーでもOTA(Over The Air)によるアップデートが可能です。お客様が興味をお持ちの場合は、本サービス情報に記載されている症状を参考に、アップデートの詳細をご説明いたします。
対象市場は、2021年6月3日時点で、ドイツ、イギリス、フランス、オランダ、ベルギー、スイス、オーストリア、ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、フィンランド、アイルランド、ポルトガル、イタリア、スペイン、ポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリー、ルーマニア、バルト諸国、クロアチア、スロベニアです。
注:USBメモリを使用したアップデートは、OTAの有無にかかわらず、すべての市場で利用可能です。

■症状
以下の症状は、最新のソフトウェア(Ver. 7000C0A-Eu02_11020)で解決または変更されます。)

●(Ver. 7000C0A-EU02_11020)
– ボイスコマンドでアーティスト名やアルバムタイトルを選択した場合、曲が再生されないことがあります。
– ボイスコマンドで「時報の呼び出し」を話した場合、時報の通信時にBluetooth®接続が切断されたり、画面がフリーズすることがあります。
– ボイスコマンドが認識されない場合があります。
– 複数のUSB機器を接続した状態でボイスコマンドによる選曲を行うと、「Too many tracks. この機能は使用できません」と表示されることがあります。
– フェーダー/バランス調整中にボリュームノブを押したまま電源を切ると、次に電源を入れたときに、フェーダー/バランスの現在の設定を示す線が表示されないことがあります。
– Bluetooth®機器を接続した状態で、主電源を一旦切ってから素早く再投入すると、Bluetooth®接続が再開されない場合があります。
– システム設定画面で距離単位を変更しても、EcoEnergyManagement画面のエネルギー効率単位が変更されない場合があります。
– エマージェンシーコールユニット(MDARSではTCU)のソフトウェアアップデート後、CMUにマイク断線のDTCが格納されることがある。
– 特定の操作を行うと、パーキングセンサーの画面がフリーズすることがある。
– 360°ビューモニターの画面がホーム画面に重なることがある。
– 言語選択が変更されないことがある。
– 警告メッセージが表示され、再起動することがあります。
– Android Autoでオーディオトラックを再生中、Android AutoTMで地図を表示中に、主電源をオフにすると再起動することがあります。
– Android Autoの接続に失敗することがあります。
– Android Autoの使用中に主電源を切ると、ディスプレイが点灯し続けることがあります。
– Apple CarPlayを使用するために機器を接続した後、主電源をONにすると再起動することがあります。
– オランダ語】Gemiddelde efficiëntieのスペルが正しくありません。
– ドイツ語】”Fahrersitztemperatur “の翻訳が不適切です。

●(Ver. 7000C0A-EU02_11018)
– アップデートの詳細画面で不完全な文章が表示され、文章の先頭にスクロールしようとすると文章全体が消えてしまう。
– プレースマーカーの設定が変更を維持できず、初期設定に戻ってしまうことがあります。

●(Ver.7000C0A-EU02_11016)
– 車両に該当しない場合でも、6種類のコネクタすべてを備えた充電ステーションがポイントの検索/表示に登場します。
– 注目ポイントの検索・表示に表示される充電ステーションは、出力別に分類されていますが、コネクタの種類別(タイプ2:普通、CCS2:高速)にしてください。

●(Ver. 7000C0A-EU02_11010)
– 接続されたモバイル機器に不具合が発生した場合、DTC U3000:49(CMU internal malfunction)が格納されることがあります。
– 温度単位の設定を変更しても、温度単位の
PreAircon_TimerTemperatureは変更できない場合があります。
– 音声認識ガイダンス実行中に、モバイル機器とのBluetooth®接続が解除された場合、音声コマンドを受け付けないことがある。

翻訳:DeepL翻訳

こちらのTSBは「MX-30」が対象となっているので、EVモデルのみの機能についての修正内容が掲載されているので注意が必要です。

新世代マツダコネクトは初代マツダコネクトと比べて、大きな不満の声が挙がることがなく、とても順調なスタートを切っています。それでも意外とこういったバグなどがあるんですねぇ。Apple CarPlay /  AndroidAutoに関するバグも海外の掲示板で報告されていたので、これで修正されているのかもしれません。

こういった修正内容って公開してほしいですよねぇ。

タイトルとURLをコピーしました