スポンサーリンク

マツダカナダ、「2020 CX-5」の公式ページを公開

マツダ全般

マツダの主力SUV「CX-5」
2020年モデルが続々と公開されています。
マツダカナダでも公式ぺージが更新されていました。

情報元:2020 CX-5 | 5-Seater Compact SUV | Mazda Canada

情報元は、マツダカナダの公式ページです。
ひっそりと「2020 CX-5」に更新されていました。

画像引用元:2020 CX-5 | 5-Seater Compact SUV | Mazda Canada

MAZDA3のハッチバックに続いて、意外にもCX-5でした。
なにか法則があるのでしょうか?
不思議です。
さて、カナダのCX-5の構成についてです。
グレードは「GX」「GS」「GT」「Signature」の4種類。
個人的に気になっていた「8インチセンターディスプレイ」ですが、カナダでは上位グレードに位置する「GT」のオプションになっていました。
画像などは掲載されておりません。
よく考えたら、CX-8とほとんど変わりないはず。
なので、イメージとして東京モーターショー2019にて展示されていたCX-8の「8インチセンターディスプレイ」を載せておきます。

大型センターディスプレイを見過ぎた影響で、7インチをみると小さく感じてしまいます。
人の欲望は留まるところを知りませんね。

カナダ仕様のエンジンラインナップは「SKYACTIV-G 2.5」「SKYACTIV-G 2.5T with Dynamic Pressure Turbo(DPT)」の2種類で、「SKYACTIV-G 2.5」には気筒休止機能付き版も存在します。

ボディカラーは8種類。

画像引用元:2020 CX-5 | 5-Seater Compact SUV | Mazda Canada

  • マシーングレーメタリック
  • スノーフレイクホワイトパール
  • ジェットブラックマイカ
  • ソニックシルバーメタリック
  • ソウルレッドクリスタルメタリック
  • ディープクリスタルブルーマイカ
  • チタニウムフラッシュマイカ
  • エターナルブルーマイカ

エターナルブルーがまだ残っているのが嬉しいですね。
最近はカラーバリエーションは減少傾向にある気がするので、レーシングオレンジのような明るい色合いが欲しいですねぇ。

じわじわと2020年モデルが公開されていきます。
北米では次にMX-5の発表があるのか気になるところですね。
日本で発表された改良内容と同じかが注目です。

タイトルとURLをコピーしました