スポンサーリンク

マツダの「SKYACTIV-D」の国内販売累計50万台達成をグラフで見る

マツダ全般

マツダのクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」
ついに国内累計50万台を達成しました。
今回は、発表された販売台数をグラフにしてみます。

情報元:【MAZDA】「SKYACTIV-D」搭載車、国内販売累計50万台達成|ニュースリリース

情報元は、マツダ公式ニュースリリースです。
こちらによると、マツダのクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」を国内市場向けに導入した2012年2月から2019年9月末時点で国内販売台数累計50万台を達成したと書かれています。
非常におめでたいですねぇ。
色々と問題はありましたが、あの圧倒的トルクは堪りません。
私自身、様々なSKYACTIV-Dを体験させて頂きました。
どれも非常に運転して楽しいエンジンですよね。
個人的にとても画期的だと思うのは「SKYACTIV-D 1.5」です。
コンパクトカーに搭載して、あのトルク、燃費は正に革命です。
今は「SKYACTIV-D 1.8」が主流になっていますが、このエンジンはぜひとも残してほしいと思っています。

さて、話が大分逸れてきました。
ニュースリリースには、クリーンディーゼルエンジン国内乗用車販売台数推移と題して2012年から2019年9月までの販売台数が掲載されています。
こちらをグラフ化してみました。


※マツダ車:マツダ調べ、全銘柄:自販連調べ

個人的に数字が苦手で、こうしてグラフ化しないといまいちピンとこないんですよね。
2012年から順調に推移し、2015年に一気に伸びていくのがわかります。
その後、マツダ車台数が落ち込みますが、すこしずつ回復。
2018年には8万台にまで戻っています。
確かに2015年頃ってここ最近のマツダでは絶頂期でしたねぇ。
第6世代へ移行し、ニュースでもよくみかけました。
その後は世界情勢などで苦しみました。
2019年は1-9月までの台数なので、結果的にどうなるかわかりません。
今後、マツダはディーゼルエンジンの「次なるステップ」を予告しています。
噂では、「ディーゼルハイブリッド」というものも存在します。
マツダ、ディーゼルHV(ハイブリッド)を2020年に投入予定 : K-BLOG
ただしラージ群の投入は遅れると決算説明会でありました。
マツダ、2020年3月期 第2四半期 決算発表をよく見てみる。(ラージ群向け技術の投入時期見直しなど)
それでも、スモール群にも投入されているエンジンに関しては何か動きがあるのかもしれませんねぇ。
今後どうなるのか楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました