スポンサーリンク

マツダフィリピン、「2020 CX-30」と「2020 CX-8」を発表

マツダ全般

マツダの新世代商品第2弾「CX-30」
そして、マツダの3列シートSUV「CX-8」
フィリピンで発表されたようです。

情報元:All-New Mazda CX-30 And CX-8 Officially Unveiled In PH (With Video) – Go Flat Out

情報元は「Go Flat Out」です。
こちらによると、マツダフィリピンは新型「CX-30」と2020年型「CX-8」を正式に発表したと書かれています。
動画が公開されていました。

CX-30とCX-8が並んでいる珍しい構図になっています。
情報元にはスペック表が掲載されていました。
CX-30のスペックは以下の通り。

SKYACTIV-G 2.0 6AT
155HP @6,000 rpm
200 Nm @4,000 rpm

グレードは「AWD SIGNATURE」「AWD SPORT」「2WD SPORT」「2WD PRO」の4種類が存在するようです。

そして、CX-8のスペックは以下の通り。

SKYACTIV-G 2.5 AT
190HP @6,000 rpm
252Nm @4,000 rpm

CX-8で気になるのはセンターディスプレイですね。
動画では「7インチ」と書かれており、見た感じも7インチ。
ただ、スペック表をみると「8″MAZDA CONNECT」と書いてあります。
これはどういう意味なのでしょうか?
よくわかりません。
ただ、スピードメーターなども液晶ではないですし、個人的予想では7インチのままではないかと思っています。

ちなみにですが、CX-30はマツダフィリピンの公式ページにも掲載されています。
Mazda CX-30 Grades
色々と見ることが出来るんですが、現時点でパンフレットを見ようとするとなぜか「BT-50」のパンフレットが表示されます。
アジア圏のマツダの七不思議の一つですね。
本物のパンフレットが掲載されるのを楽しみにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました