スポンサーリンク

CX-30が「7月にメキシコで製造され輸出されたモデル」のトップ10にランクインする

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第2弾「CX-30」

メキシコ工場で製造され輸出されたモデルトップ10にランクインしたそうです。

情報元:Los 10 vehículos hechos en México más exportados en julio 2021

情報元は「autocosmos」です。
こちらでは「2021年7月にメキシコで製造された最も輸出された10台の車両」という題名の記事が掲載されています。そのランキングの中にマツダの「CX-30」がランクインしていました。

◆MAZDA CX-30
順位:9位(9,761台)
主な輸出先:アメリカ、コロンビア、ドイツ

9位にランクインしていました。
メキシコ工場では「MAZDA2」も製造されていますが、このランキングは「輸出」が条件のひとつですので、今回は「CX-30」がランクインしていました。主な輸出先としてはアメリカやドイツなどがあるそうです。ここ最近のマツダは「アメリカ一辺倒」な販売台数となっていますので、それが影響しているのかもしれませんねぇ。

それにしても「CX-30」が人気なのは素晴らしいですねぇ。マツダの新世代商品の戦略が成功しているといっても過言ではないでしょう。

この調子で「ラージ群」も成功してほしいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました