スポンサーリンク

マツダ従業員の「男女比」をみてみる

マツダ全般

マツダの気になることを調べてみるシリーズです。

今回は、マツダ単体での「男女比」についてです。

前回:マツダが2021年4月1日付の人事異動を発表、MX-30開発主査の竹内氏が「人事本部長」へ

前回、2021年4月1日付の人事異動で、MX-30の開発主査である竹内氏が「人事本部長」に選ばれたのを知りました。この人事にはマツダの変革を強く感じさせる印象を受け、何かを変えようとしているのかもしれません。

そうなると気になるのは、マツダ単体での従業員の男女比率です。
これについては非常に簡単に調べることができ、マツダ公式ページの企業情報に掲載されていました。

画像引用元:MAZDA

こちらによると「男性:90% 女性:10%」となっています。このデータがいつのデータなのかは記載されていませんが、かなり偏った結果となっていますねぇ。製造業というと、私個人のイメージだと確かに男性が多いイメージですが、実際のところ会社によるところが多いのかもしれません。

この結果を見る限り、マツダとしては女性比率を高めたいという思惑もあるのかもしれません。そのきっかけとなるのが2021年4月1日付の人事異動なのかもしれませんね。

本当の狙いなどはわかりませんが、マツダ全く新しい方向性を示した「MX-30」を0からの開発を主導した手腕がマツダ自体を新たな方向性に導いてくる遭難感じがしますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました