スポンサーリンク

マツダが「MAZDA SPIRIT UPGRADE D1.1」の提供開始を正式発表、本日から販売開始

マツダ全般
スポンサーリンク

本日、マツダ株式会社がディーゼルエンジンの制御プログラム最新化サービスを開始したことを正式発表しました。

情報元:MAZDA NEWSROOMマツダ、クリーンディーゼルエンジンの制御プログラム最新化サービスを開始|ニュースリリース

情報元は、マツダ公式ニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 本日から発売開始
  • ディーゼルエンジンの制御プログラム最新化サービスの名称は「MAZDA SPIRIT UPGRADE D1.1」
  • 対象モデルは「MAZDA3」「CX-30」の初期型モデル※
  • 対象エンジンは「SKYACTIV-D 1.8」
  • 燃費性能はそのままに、最高出力が116PS/4,000rpmから130PS/4,000rpm(+14PS)に上昇
  • 本サービスの希望小売価格は、46,200円(税込)+工賃
  • トークショーを9月4日(土)20時より公式YouTubeチャンネルにてライブ配信

※MAZDA3 2019年4月2日~2020年11月3日生産 車体番号範囲BP8P-100012~BP8P-110288、CX-30 2019年8月6日~2020年11月30日生産 車体番号範囲DM8P-100006~DM8P-112162

MAZDA SPIRIT UPGRADE D1.1の紹介ページはこちら
MAZDA SPIRIT UPGRADE

遂にマツダから正式発表がありました。
発表内容は事前情報通りということで、MAZDA3とCX-30の初期型モデルのみとなっています。対象エンジンは「SKYACTIV-D 1.8」だけですので、期待されていた2020年商品改良で性能向上した「SKYACTIV-D 2.2」に対してのソフトウェアアップデートがないのが少し悲しいですねぇ。ソフトウェアアップデートは新世代モデル(第7世代)だけなのかもしれません。

ただ、ソフトウェアアップデートで既販車の機能を向上してくれるのはとても嬉しいことですよね。お金を払えば、愛車が生まれ変わることができるのはオーナーにとってはとても待ち望んでいたことだと思います。

マツダは今後、軸を「ソフトウェアアップデート」にしていくと明言しています。
マツダは今後「ソフト中心の進化に軸足をシフトしていく」

なので、こういったアップデートが当たり前の世の中になっていくのかもしれませんねぇ。

タイトルとURLをコピーしました