スポンサーリンク

2021年商品改良「CX-30」の詳細についての噂話(XにSmart Edition?)

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第2弾「CX-30」

2021年商品改良の詳細についての噂話が登場しています。

情報元:価格.com – マツダ CX-30 のクチコミ掲示板

情報元は「価格.com」です。
こちらでは、ディーラーに商談を行った際に商品改良の詳細を聴いた方が情報を記していました。

  • X PROACTIVE, Touring Selectionの廃止
  • X Smart Edition追加(20S相当)
  • 全グレードでMT車のシートは「黒のみ」
  • 20S・X・Smart以外のAT車従来通り白&グレージュが選択可能
  • SKYACTIV-Xの乗り味変更
  • ディーゼルのカタログ燃費向上
  • X Smart Editionは「FF・AT」のみ
  • Balck Tone Editionを追加(PROACTIVE相当)
  • 既存グレードの価格変更はなし
  • 新世代マツダコネクトの「デジタルオーナーズマニュアル」が廃止

かなり詳しい情報が書いてありました。
信憑性はわかりません。

e-SKYACTIV Xに対して「Smart Edition」が追加されるのは面白いですねぇ。価格は「XD PROACTIVE」相当ということで約288万円あたりになりそうです。SKYACTIV-X装備で300万円を切るのはなかなか凄いですねぇ。

さらに個人的に衝撃だったのが、新世代マツダコネクトの「デジタルオーナーズマニュアル」が廃止されるということです。海外の一部地域ではそういった仕様でしたが、どうやらグローバル的に廃止されてしまうようですねぇ。確かにあまり意味があるものではありませんでしたが、新世代マツダコネクトの売りのひとつだっただけに残念。

CX-30は既に色々な改良を受けていますが、またまた商品改良が行われるの凄いですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました