スポンサーリンク

2022 CX-5(北米仕様)でもサイドの樹脂部分は「黒色の光沢のある材質」に変更されるようです

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの主力SUV「CX-5」

ついに北米で2022年モデルが登場しましたが、色々な画像が登場しています。

前回:マツダUSAが「2022 CX-5」紹介ページを公開、大幅なデザイン変更を実施

前回、マツダUSAが「2022 CX-5」を正式に発表し、紹介ページを公開していました。白色の車体がとても印象的でしたが、ソウルレッドの車体も個人的にとても興味がありました。

画像引用元:2022 Mazda CX-5 – Redesigned Crossover SUV | Mazda USA

白色の車体と比べて、サイドの樹脂部分にパーツは取り付けられておらず、代わりにオーストラリアで発表されたCX-3のように、樹脂部分が光沢のある材質に変更されています。これはマツダのSUVで統一するのかもしれません。

それとシグネチャーウイングがブラック化されています。
これも現行モデルでも行われていましたが、こちらは標準となるのかもしれませんねぇ。

ということは、マツダはデザインに振り切る方針なのかもしれませんねぇ。これが市場でどのように受け止められるのかはわかりませんが、確かに大きく変化しました。

CX-5は第6世代ではありますが、まだまだ進化を止めないようです。どこまで進化するのか楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました