スポンサーリンク

MAZDA6 WAGONを「ジルコンサンドメタリック」にしてみる

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダのフラグシップモデル「MAZDA6」

せっかくなので、新色「ジルコンサンドメタリック」風にしてみたいと思います。

前回:色々なモデルで「プラチナクォーツメタリック」を試してみる(CX-3, MAZDA6, VISION COUPE編)

前回、色々なモデルで「プラチナクォーツメタリック」を試してみました。個人的に現物を見て一目ぼれしたカラーでとても気に入っています。

そして2022 CX-5には新たに「ジルコンサンドメタリック」が追加されました。同じくラージ群でありながらも商品改良の話がない「MAZDA6」に当てはめてみることにしました。

ワゴンだとなかなか似合うんではないでしょうか。
字ロコンサンド自体を生で見たことがないので、じっさいにどういった色合いなのかがまだわかりません。もうちょっと暗い色合いなのか、それともこんな感じなのか。

ただ2022 CX-5 NewGroundにぴったりなカラーですよねぇ。MAZDA6のワゴンモデルにも似合っているカラーだと思いますので、こちらにも採用されると面白そうですねねぇ。

個人的に思うのは、MAZDA6 WAGONにももっとワイルドな仕様が登場したらと妄想しています。最近のマツダは、それぞれのモデルの特徴を特化させていく方針が見え隠れしているので少し期待しています。

タイトルとURLをコピーしました