スポンサーリンク

CX-5のフロントグリルが「RX-VISION」風から「VISION COUPE」風になったという話

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの主力SUV「CX-5」

海外の2022年年モデルでデザイン変更されましたが、個人的に思ったどうでもいい話です。

前回:2022 CX-5の「異なる3種のデザイン」を見比べてみる(フロントデザイン編)

前回、海外で発表された「2022 CX-5」のデザインを色々と見比べていました。新世代のデザインを多く取り入れつつも新しいシグネチャーウイングが取り入れられていましたねぇ。

そこで思ったんですが、フロントグリルのデザインはどこかで見たことあるなぁと思ったら「VISION COUPE」のによく似ています。

画像:MAZDA

MAZDA3でも採用されていましたが、CX-5にも採用されています(細かいデザインは異なりますが)これは、中国の現行「CX-5 黒騎士版」にも採用されました。

ちなみに現行モデルは「RX-VISION」風でした。

画像:MAZDA

これにどういった意味があるのかはわかりません。
ただ、今回のデザイン変更でCX-5も本格的に「新世代」へ移行したのかもしれません。技術面でも「CTS」なども採用されたりと現行モデルではかなりの改良を実施されていますねぇ。

これでまだまだ現役モデルとして活躍できそうです。
CX-5が現役バリバリということで、2022年に出るラージ群の第1弾はどういったのになるのか気になりますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました