スポンサーリンク

空気清浄機「ダイキン MCA55XE8-W」を購入しました

日常
スポンサーリンク

最近興味を持ち始めた「空気清浄機」

試しに購入してみました。

最近、作業場の環境改善に取り組んでいます。
PCなどの道具に関しては積極的に行っているんですが、それ以外の環境などについてはほとんど実行していませんでした。そんななか、一番興味があった「空気清浄機」を試してみました。

というのも、友人におめでたいことがあってお祝いを送ったお返しにギフトカードを頂きました。家電量販店のギフトカードなので、たまには普段購入しないものを購入したかったんですよねぇ。色々と迷ったんですけど「空気清浄機」に決めました。

今回購入したのは「ダイキン MCA55XE8-W」です。
エディオンネットショップ|ダイキン MCA55XE8W 空気清浄機 KuaL ストリーマ空気清浄機 ホワイト

ダイキンが販売する「MC55X-W」をベースに仕様追加した家電量販店(エディオン)オリジナルモデルです。空気清浄機は有名どころではSHARPなどがありますが、ここ最近、ダイキンが注目されているのをよく耳にするので、如何ほどのものか興味がありました。

こちらは2021年モデル(2020年冬発売)となっており、既に2022年モデルが発売されています。違いを調べてみるとそこまで大きな変更点もなく、ただ価格が上昇しているだけでしたので、こちらの商品を選びました。

この商品は25畳まで対応しています。
私が使用する部屋は6畳くらいですので、かなり余裕を持っています。ただ空気清浄機に関しては、部屋の大きさよりも余裕をもった性能が必要だということでこちらにしました。

お値段は35,800円(税込)
中々に高額ですが、友人のおかげで購入することが出来ました。感謝。

サイズは「:W:27.0 × H:50.0 × D:27.0cm」です。
思ったほどに大きくなく、意外とコンパクトだなぁと感じました。

空気清浄機に関しては全くのド素人なんですけど、驚いたのは色々な機能がついていることです。

ホコリセンサーやニオイセンサー、さらには花粉などに対しても使用することができるそうです。私の部屋はベッドも置いてあるので、けっこうホコリっぽくなってしまうんですが、これならば少しは埃っぽさから解消されるかもしれません。

またこちらには「ストリーマ放電」を使用した空気清浄技術が搭載されているそうです。この機能によって様々な有害物質に対して効果があるんだとか。実際の効果があるのかは置いておいても面白そう。春の花粉シーズンが楽しみですねぇ。

さらに「消臭フィルター」というのも付属しています。

この黒い部分が消臭フィルターです。
炭?のような不思議な材質でできており、こちらに空気を通すことで消臭効果があるそうです。

また、空気清浄機には珍しくリモコンも付属しています。

電源ONや風量調節などが手軽に行えるのが嬉しい。
ただ、タイマー電源などが搭載されていないのがちょっと悲しい。

次に、実際に空気清浄機を使用した感想です。
スイッチをONにすると「ピ」という大きな音がなります。その後に空気を循環させる作動音「ゴー」が聞こえてきますが、そこまで気になるほどではありません。ただし、風量を最大にすると物凄い轟音を鳴り響かせますので注意が必要です。その代わり、かなりの速度で空気清浄を行ってくれますので、そこは安心できます。風量を「最弱」にすることで、作動音をかなり抑えることができますので、就寝時につけっぱなしにする際でも安心。

また、かなりの消臭効果があると感じました。
マックやコーヒーなどの臭いが強い物を食べた後でも、風量を標準で動作させておけばいつのまにか臭いが気にならなくなっていました。ニオイセンサーもしっかりと反応してくれるのがけっこう優秀だと感じました。ただ、ストリーマ機能が作動すると少し特徴的な音と臭いがします。その臭いを言葉にするのが難しいんですけど、慣れるとそこまで気になりません。

以上です。
自宅で空気清浄機は初めてです。
使用してみると意外と便利で、今まで臭いやホコリなどに気を使っていた部分を気にする必要がなくなったのは嬉しいですねぇ。ただ、空気清浄機は手入れを怠ると逆に酷いことになるという話を聴いていますので、しっかりとお手入れをしていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました