スポンサーリンク

欧州での「MX-30」展示の様子【その2】

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」
欧州でも実車の展示とプロトタイプの試乗会が行われています。
その様子についての続きです。

前回:欧州での「MX-30」展示の様子について(メータ部など気になるところなど)

前回、欧州で行われている「MX-30」展示の様子を知りました。
他のメディアも続々とその様子を報じています。
Youtubeで「coches.net」が動画を公開していました。

会場では、実車の「MX-30」や「e-SKYACTIV」の技術展示などが行われており、市場はCX-30のボディをまとったプロトタイプで行われたようですねぇ。
個人的に注目したのが、MX-30インテリアの展示です。
ダークブラウンのコンセプトイラストが展示されていました。

画像引用元:Mazda MX-30 (Prototype) Eléctrico 2020 | Primera prueba / Test / Review en español | coches.net – YouTube

ダークブラウンとブラックで非常に落ち着いたデザインになっていますね。個人的にもっと暗い色合いなのかと思いましたが、そこまでダークなブラウンではなさそうです。
また、ダークブランの質感はかなり高級感あふれる見た目になっています。これは肌触りが非常に気になるところ。
まだ、実車の展示はないですが、これは見てみたいですねぇ。

試乗はCX-30のボディを使用したプロトタイプのため、依然と変わらないので、こればかりは自分自身で乗ってみないとわからないですねぇ。

欧州で2020年に発売される、マツダの電気自動車。
一体どうなっていくのか楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました