スポンサーリンク

【マツダコネクト】8インチと7インチセンターディスプレイを比較してみる

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの第6世代に搭載された「初代マツダコネクト」

CX-3に搭載された「8インチセンターディスプレイ」を7インチと比較してみたいと思います。

前回:2021年商品改良「CX-3 Super Edgy」を見学してきました(マツダブランドスペース大阪)

前回、マツダブランドスペース大阪に展示されていた「CX-3 Super Edgy」を見学してきました。2021年商品改良で搭載された「8インチセンターディスプレイ」も確認することが出来ましたので、MAZDA2の「7インチ」と比較してみたいと思います。

まずは、センターディスプレイの形状です。

8インチではタブレットのような直線的なデザインになっています。7インチは緩やかな曲線を描くデザインになっており、これだけでも大きく変化したと思いました。画面の見やすさは当たり前ですが、8インチセンターディスプレイの方がみやすいですねぇ。

次に、後部から見た比較です。

こちらの方が大きさの違いをさらに実感できます。
後部座席からの視認性もかなり良くなっているのが最高ですねぇ。それとマツダのコダワリとして「フロントガラスに被らない」ようにしっかりと対策されているのは凄いですよね。運転の邪魔にならないのは非常にありがたい。

8インチセンターディスプレイのいいことづくめですねぇ。これが価格据え置きで搭載されているのは非常に太っ腹です。MAZDA2でも10月生産分からは変更されていますし、これでひとつ初代マツダコネクトの不満点が改善されたのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました