スポンサーリンク

タカラトミーアーツ「NTT東日本 公衆電話 ガチャコレクション」に挑戦

日常

個人的にとてもミニチュア好き。
そんな私も気になる商品がありました。
それが、懐かしい「公衆電話」です。

情報元:NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション | 商品詳細情報 | 商品をさがす | タカラトミーアーツ

タカラトミーアーツから登場した珠玉のミニチュアシリーズ。
今回は「公衆電話」だそうです。
これは本当に懐かしいですねぇ。
今ではほとんど見る機会がありません。
そんな公衆電話コレクションは2019年11月から発売が開始され、順次全国のガチャガチャに投入されていきました。発売以来、私の地元にはなく、色々と探しているとやっとみつけました。
1回300円と非常にリーズナブルです。
さっそくやってみたら、お目当てを引き当てることが出来ました。

『MC-3P(アナログ公衆電話機)』

1986年に登場したアナログ公衆電話機だそうです。
この型と灰色のデジタル公衆電話機を一番みかけたような気がします。
このミニチュア、非常に精巧に造られており、本物にしかみえません。
そして、なんと受話器が撮れるんです。

受話器と本体を繋ぐ部分は、もちろん伸縮しますし、受話器を置く部分も可動式になっているという本格仕様。
作り手のコダワリを感じます。
さらに、硬貨返却口も本物そっくりで動きます。

まさかここまで造り込んでいると思いませんでした。
コダワリにこだわり抜いています。
これで300円はお買い得すぎて驚きを隠せません。
デスクに飾っておくだけでアクセントになりますし、疲れた時には受話器を取って電話かけるふりなんてのも出来てしまいます。
全6種類で、1種類のみレアの「金色の公衆電話機」というものも存在するらしく、コレクター魂に火が付きます。
個人的には「デジタル公衆電話機」と「新型赤電話機」も欲しいですねぇ。
また見かけたら挑戦してみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました