スポンサーリンク

CX-3の国内生産は6月に終了、タイ工場では4月から日本向けモデルの生産開始(MAZDA3との関係は如何に)

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダのコンパクトSUV「CX-3」

CX-3の国内生産は6月に終了するそうです。

情報元:マツダが「CX-3」の生産を海外に移管する理由|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

情報元は「ニュースイッチ」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 防府工場でのCX-3の生産は6月に終了
  • CX-3の国内生産を防府第1工場からタイとメキシコ工場に移管
  • 日本向けモデルはタイ工場で4月から生産を始める
  • 目木書庫では年内に生産開始

具体的なスケジュールが掲載されていました。
タイ工場で生産される国内向けモデルは「4月」から開始されるそうですが、日本国内での生産自体は「6月」まで行われているようですねぇ。約2か月は2か国で同時生産となるみたいですが、これが最後の「メイドインジャパン」となりますので、CX-3の国内生産モデルが欲しい方は急いだほうがいいのかもしれません。

そういえば、マツダタイが「MAZDA3」について発言していました。
タイで「プラチナクォーツメタリック」が大人気、MAZDA3はタイ工場での生産ラインを立ち上げ予定

タイ工場で「MAZDA3」の生産ラインを立ち上げるという話がありましたので、今回のCX-3の生産移管と何らかの関係があるのかもしれません。まさか「MAZDA3」もという可能性が出てきそうですが、どうなんでしょうかねぇ。

タイトルとURLをコピーしました