スポンサーリンク

マツダUSAが「2023 CX-50」の価格とグレードを発表、センターディスプレイは「10.25インチ」

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの北米向け新世代SUV「CX-50」

ついに価格とグレードなどの詳細が発表されました。

情報元:Mazda Announces Pricing and Packaging for 2023 CX-50 | Inside Mazda

情報元は、マツダUSAのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • CX-50 2.5Sの希望小売価格は26,800ドルから
  • CX-50 2.5 TURBOは36,400ドルから
  • Skyactiv-G 2.5は「187馬力と186 lb-ftのトルクを生成」
  • Skyactiv-G 2.5Tは、ハイオクガソリンで256hpと320lb-ftのトルク、通常ガソリンエンジンで227hpと310lb-ftのトルクを生成する
  • 6ATのみで全車標準で「AWD」
  • 一部のパッケージにスポーツ、オフロード、牽引モードを備えたMi-Driveが標準装備
  • センターディスプレイは「8.8インチ」「10.25インチ」
  • ホイールは17インチ、18インチ、20インチ
  • プリファード+グレードには「パワースライド式パノラマサンルーフ」を搭載
  • ボディカラーに「Wind Chill Pearl」
Package Starting MSRP 日本円
CX-50 2.5 S $26,800 約308万円
CX-50 2.5 S Select $28,200 約324万円
CX-50 2.5 S Preferred $29,500 約339万円
CX-50 2.5 S Preferred Plus $31,940 約367万円
CX-50 2.5 S Premium $34,400 約395万円
CX-50 2.5 S Premium Plus $36,400 約418万円
CX-50 2.5 Turbo $36,400 約418万円
CX-50 2.5 Turbo Premium $39,550 約454万円
CX-50 2.5 Turbo Premium Plus  $41,550 約477万円

遂に「CX-50」の詳細が発表されました。
価格は約308万円~477万円となっており、それなりに高額なモデルとなっています。ただ、思ったほど高額ではないのには驚きました。てっきり500万円を超えてくる価格帯かと思っていました。

そして、センターディスプレイは「10.25インチ」と正式発表がありました。これでスモール群でも10.25インチが採用されましたので、今後は他のスモール群にもこのディスプレイが普及する可能性出てくるのが嬉しいですねぇ。

ボディカラーに「Wind Chill Pearl」という有償色が存在していました。これはホワイトパールの代用色かと思われますが、これはトヨタと塗料を共有しているのでしょうか?

いよいよCX-50の販売に向けて本格的に動き出しました。楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました