スポンサーリンク

「2020 CX-30」は「Porsche Macan」のよう?| メディアレビューにおける気になる点

マツダ関連

マツダの新世代商品第2弾「CX-30」
新時代におけるマツダの主力コンパクトSUVです。
そんなCX-30が北米にも投入されました。

情報元:The 2020 Mazda CX-30 Feels Like A Lower-Budget Porsche Macan

情報元は「JALOPNIK」です。
新世代SUV「CX-30」のレビューが掲載されています。
題名には「CX-30は低予算なポルシェ マカンのようだ」と書かれているだけあって、マツダの新世代の進化した様子を色々と語ってくれています。
記事冒頭には「高級ホテルで高級料理を食べさせてくれた」と書かれているのが、非常に面白いですねぇ。ここら辺はしっかりと開示しているのが潔い。

さて、この記事を読んで「あーわかる」と思った話です。
CX-30の素晴らしい部分は以前から語っているので割愛。
今回は気になる部分についてです。
情報元の筆者はCX-30の弱点の一つとして「後部座席を倒す際に運転席を移動する必要がある」と書いていました。

画像引用元:The 2020 Mazda CX-30 Feels Like A Lower-Budget Porsche Macan

これ、非常に良くわかります。
運転席でせっかくジャストな位置に調整したのに、後部座席を倒さなければいけない時に位置を変えなければいけないのが結構歯がゆいんですよね。
よくわかります。
ただ、これはCX-30に限った話ではありません。
それに今ではシートの電動化で位置を記憶してくれるので、上記に書いた事もこれで解決してしまいそうですね。
動かさなければいけないのは面倒ですが。

先にも言いましたが、これはCX-30特有の問題ではありません。
なので、それぐらいしか弱点があまりないんですよね。
CX-30の出来は本当に素晴らしい。
北米でも人気を獲得できると良いですねぇ。
期待したいです。

タイトルとURLをコピーしました