スポンサーリンク

マツダ南アフリカで「2022 CX-5」が登場、なぜか「チタニウムフラッシュ」が表示される

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの主力SUV「CX-5」

南アフリカでも2022年モデルが登場しました。

情報元:Mazda CX-5 – Test Drive Luxury in the Mazda CX-5 SUV | Mazda ZA

情報元は、マツダ南アフリカの公式ページです。
こちらでは、いつの間にかデザイン変更されたCX-5が掲載されていました。

個人的に気になったのが「外装色」一覧です。

何故かカラーラインナップに「ジルコンサンドメタリック」と「チタニウムフラッシュ」が一緒に並んでいました。

画像引用元:Mazda CX-5 – Test Drive Luxury in the Mazda CX-5 SUV | Mazda ZA

一瞬「デザイン変更されたCX-5でチタニウムフラッシュがみれる」と期待したんですが、表示は旧型CX-5のままとなっています。

カタログのカラーラインナップを見てみると以下のとおり。

画像引用元:Mazda CX-5 – Test Drive Luxury in the Mazda CX-5 SUV | Mazda ZA

「チタニウムフラッシュ」はありませんでした。
どうやら公式ページのチタニウムフラッシュを消し忘れているようです。なんとなく残念ですねぇ。

また、南アフリカ仕様では「初代マツダコネクト」が搭載されているようであり、まだまだ初代マツダコネクトが現役のようでした。意外と長く生き延びていますよねぇ。

以上です。
デザイン変更されたCX-5もグローバルで浸透してきました。今後はCX-60などの新商品rushとなりますので、まだまだ楽しみが続きそうです。

タイトルとURLをコピーしました